ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ


ヨハン・ハインリヒ・ペスタロッチ(1746~1827)

人 生
ペスタロッチ(1746~1827)
①ナポレオン(1769~1821)
②フランス革命の時代
③実は、ペスタロッチ(56歳)はナポレオン(33歳)にあったことがあるが、相手にされなかった。
④弟子にこう言った。「私はナポレオンに会うために会議に行ったのではない。ナポレオンの方こそ私に会えなかったのだ。」
⑤権力者が何だ。民衆を支配し、利用せんとする権力者などに、わざわざ頭を下げる必要はない。
⑥それより、一人でも多く、未来性に富んだ青年たちと会い、希望と確信を贈る方がはるかに素晴らしい。私は“人間をつくる”教育者だ。
⑦68歳のときプロシア王ともあった。
⑧しかし、2人とも、ペスタロッチを理解できなかったし、理解しよとしなかった。
経 歴・業 績
①18世紀後半の( スイス )の教育者。
 スイスのチューリッヒ生まれ。
 父は、5歳で病死。学校より農村の牧師の祖父のもとで生活が影響を与える。
 22歳から農業経営、学校経営を何度も行うが失敗する。理由は親の我がままな要求や資金不足。
 革命期で、孤児、貧民が増加した時代であり、教育で社会変革、貧民救済をしようとした。
②( ルソー )の影響を強く受ける。社会の荒廃から、児童を救済するために、愛・自由・生活を中心に教育を実践。
③「 隠者の夕暮れ 」・・・22歳で農業経営、学校経営をしたときの教育実践記録。
 「知的能力・・(  )」「道徳力・・(  )」  「技術力・・(  )」の調和的発達ことが教育の目的とした。隠隠とは以後18年の著作活動生活をいう。
④酒みの職人リーンハルトと良き妻ゲルトルートの教育小説で、ヨーロッパで絶賛される。
 民衆に貧困から抜け出すための教育、生活について物語の形式で民衆に説いた。しかし、貧民事業に失敗して原稿も買えなく、帳簿の余白に書いていた。
⑤( シュタンツだより  )・・・
 シュタンツに孤児院を開き、( 民衆教育 )の必要性を説く。いい子や金持ちの子どもではなく、貧しい子、孤児を教育の対象とした。
 施設を一つの大家族と考えて、家庭教育、道徳教育を重んじた。シュタンツは、フランス軍との戦争で、孤児が多く文部大臣の要請で孤児院を開く。しかし、半年で閉鎖。
 「どんなに貧しい子どもでも、神より与えられた人間性の力がる」「シュタンツだより」 
⑥「 ゲルトルート児童教育法 」
( 3H’s )の思想( 手・頭・心 )の重視。教員養成施設のあり、世界中から参観者がくる。しかし、発展とともに中流階級の子どもがあつまり、貧しい子、孤児の民衆教育ができなくなった。
⑦経営重視の現実派と理想主義の教師に対立が起こる。白鳥は死ぬ前に鳴く、歌を唄うという伝説がある。ペスタロッチも、自分に命が短いと察知して、この題名を付けた。

⑧教育は、子どもの初めから備わっている能力を開発するものであると説き、( 開発的 )教授法を唱える。
⑨( 直観 )教授( メトーデ )とは、知識を言葉で教えるのではなく感覚器官を通じて教える方法。例えば、実物や図鑑を見せて授業を展開すること。「感覚的印象こそ知識の唯一の基礎である」といい、( 直観から理論へ )説いた。
⑩労作教育で、( 生活が陶冶する )という。
 「学習」が「仕事」に置き換えられていた。子どもの学習を生活に結び付ける。

 聖書が読めるより、自活する能力が必要と説く。


名言「生活が( 陶冶 )する」
名言「( 玉座 )の上にあっても木の葉の屋根の陰に住んでいても、すべて( 人間 )である 」隠者の夕暮れより

⑪ 直観教授法は、( デューイ )の経験主義や
( キルパトリック )のプログラム・メソッドに発展していく。

著 書

「隠者の夕暮」1780年
「リーンハルトとゲルトルート」1780年
「シュタンツ便り」1798年
「ゲルトルート児童教育法」1800年
「白鳥の歌」1825年

関連記事