ツィラーとライン


トゥイスコン・ツィラー(1817~1882)

経 歴・業 績
ツィラー(1817~1882)
① ドイツの教育学者
②( ヘルバルト )学派
③( 五段階 )教授法
   ( 分析総合連合系統方法 


ヴィルヘルム・ライン(1847~1929)

経 歴・業 績
①ドイツの教育学者
②( ヘルバルト )学派
③( 五段階 )教授法
( 予備提示比較総括応用 )
( 予備 )…教師が今日の内容を伝える
( 提示 )…内容について説明する
( 比較 )…これまで学習と比較し、関係づける
( 総括 )…学習のまとめ
( 応用 )…類似の事例に適応させて学習の定着をはかる
日本への影響
①日本でも、ツィラーやラインの5段階説が、戦前の学校の指導法の主流をなした。
②ドイルのハウスクネヒトが、明治時代、東京大学でヘルバルト学派を伝える。
③現在は、(  )段階教授法
( 導入 )( 展開 )( まとめ )が( 学習指導案 )の基本の形になっている。

関連記事