• HOME
  • BLOG
  • いじめ
  • 教育における学校心理学・臨床心理学の理論2~ブリーフセラピー・認知行動療法・マイクロカウンセリング~

教育における学校心理学・臨床心理学の理論2~ブリーフセラピー・認知行動療法・マイクロカウンセリング~

 目次
1.ブリーフセラピー
 (1) ブリーフセラピーの概要
 (2) 解決志向モデル
 (3) ブリーフセラピーの考え方

 (4) ブリーフセラピーの技法
2.認知行動療法
 (1) 認知行動療法の概要
 (2) 自動思考とスキーマ
 (3) 認知行動療法の適応の拡大
3.カウンセリングの流れ
4.マイクロカウンセリング
 (1) マイクロカウンセリングの概要
 (2) かかわり技法

1.ブリーフセラピー

(1) ブリーフセラピーの概要
 「ブリーフ(brief)」とは「短期の」という意味であり、ブリーフセラピーとは「短期間で、効率的に、効果的に行うセラピー」のことを差し、わが国では「短期療法」と訳されています。その名のとおり、どうクライエントと関わることが毎回の面接を効果的にし、結果として面接期間を短縮できるかにこだわって開発されたモデルです。ブリーフセラピーは、狭義には天才的治療者と言われたミルトン・エリクソン(Milton Erickson)による治療実践に啓発を受けて作られた解決志向アプローチをモデルとしています(宮田,1997)。
(2) 解決志向モデル
 ブリーフセラピーは、問題志向ではなく解決志向と言われています。
 問題の原因を取り除くことが困難な場合や、複合的・特定不能・解消不能な場合は、原因が明確に把握できたとしても、それらを取り除くことは難しいです。例えば、生育歴・家族要因に問題があると認識できたとしても、生育歴は変えられないし、親も取り替えることはできません。原因(過去)志向モデルより、解決(未来)志向的モデルの方がより現実的なのです。
 ➀ リソース
 「リソース」は資源と訳されます。リソースは、「今、子供がもっているもの」ととらえます。子供にないものを求めるより、今、子供がもっているもの、子供にあるものを探し、それらを利用しようというものです。リソースには、内的(個人内)リソースと外的(外部)リソースがあります。内的リソースは性格・能力・興味・関心があること・得意なことなどです。外的リソースは、その人にかかわる人家族・友人・教師などです。
 ➁ ゴール
 小さなゴールを設定します。今ではなく、未来に目を向けることで解決のイメージを膨らませていきます。ゴールがあれば、それに向けての行動もできますし、希望も夢も膨らみます。まずは、具体的なイメージをもつことで、その目標とするゴールに向けての具体策を考えていくことができます。
(3) ブリーフセラピーの考え方
 ➀ うまくいっていることを続ける(Do More)
 ブリーフセラピーでは問題の「原因」よりも「解決」に着目することから、現時点において“問題が起きていない時、比較的にマシである時”である「例外」(Exception)に目を向けます。そして、その「例外」状況を生んでいる行動やコミュニケーションの仕方を特定し、「例外」が増えるような働きかけを行います。こうしたアプローチを「Do more」と呼びます。
 教師が、親からきょうだい喧嘩の相談を受けました。その相談の中から、いいところ「例外」を探し、その中に解決策を見出していきます。  
親  「家では、弟とのケンカが多いんです」
教師 「もう少し具体的に、教えてもらえませんか」
親  「週に2回は、弟にちょっかいを出して叩いて、ケンカしてしまうんで
す。」
教師 「週に5回はケンカしないことがあるのですね。喧嘩をしない時には、どんなことがありましたか?」と聞いてみます。その中に、例外探しやリソースがあるのです。このケースでは、母親が、仕事から早く帰ってきて、子供と関わる時間が多い時はケンカが少ないことがわかりました。
 ➁ これまでとは何か違う事をする(Do different)
 事例によっては「例外」状況の特定が困難であることもあるかもしれません。その場合には、問題維持に強く関係していそうな悪循環的なパターンの特定を図ります。そして従来のパターンとは異なるパターンを作れるような行動やコミュニケーションが生まれることを意図した働きかけを行います。このようなアプローチを「Do different」と呼びます。
 ブリーフセラピーでは、問題が起きていない良循環を拡張するアプローチ「Do more」と、悪循環を断つというアプローチ「Do different」とがあり、これらを両輪として、問題解決への働きかけを行っていきます。
(4) ブリーフセラピーの技法
 ブリーフセラピーにはいくつかの特徴的な技法があります。解決志向モデルは、従来の問題志向とは異なり、問題、病理、原因にこだわるのではなく、クライエントのもっているリソース・解決像に焦点を当てる方法です。そのため、真にクライエントを支え、クライエントの能力を引き出す、安全で効果性の高いモデルとなっています。
 ➀ スケーリング・クエスチョン
 (例) 最悪の時を1点、最高の時を10点とすれば、今のあなたはどれぐらいかな?
  生徒 「今は、3」
  教師 「その3点はどんな内容なの?」
    ※3点の中にも、有効なリソース(趣味・特技・人間関係・状況)がある可能性もあります。
  教師 「3点から1点上げるには、どんなことをすればいいのかな?」
  ※小さなゴールを設定し、解決志向に向かわせます。
 ➁ ミラクル・クエスチョンとタイムマシーン・クエスチョン
  2つのクエスチョンは、ゴールのイメージを具体化する質問技法が有効です。ミラクル・クエスチョンでは、「もし、問題がすべて解決したら、どのようになっていますか?」。タイムマシーン・クエスチョンでは、「5年後の解決像はどのような感じですか?」と、未来のイメージを持たせます。

2.認知行動療法

(1) 認知行動療法の概要
 アルバート・エリス(Albert Ellis)によって論理療法が、 アーロン・ベック(Aaron Temkin Beck)によって認知療法が提案された。認知行動療法は、コモンセンス(常識)に基ずくアポローチであり、以下、2つの考えを基盤に置いているという(Beck et al,1979)。(1)認知は情動と行動に対して支配的影響力をもつ。(2)活動や行動の仕方が思考パターンや情動に強い影響を及ぼす可能性がある。
 人は成長するにつれ固定的な自己のスキーマが形成され、それに基づいて歪んだ思考方法や考えが自然に浮かぶ自動思考が起こっています。認知行動療法は、そうした認知の歪みに焦点を当て、認知を修正することで症状が改善する治療法です。日本では1980年代後半から注目されるようになり、2010年4月に厚生労働省は保険診療として認可しております。
(2) 自動思考とスキーマ
 認知には、何かの出来事があったときに瞬間的にうかぶ考えやイメージがあり、「自動思考」と呼ばれています。「自動思考」を生み出すもとになっている考え方のクセが「スキーマ」です。「自動思考」が生まれるとそれによって、いろいろな感情が起こり、良くない行動が起こります。例えば、出来事として、デートの時、彼氏との会話が弾まなかったことに対して、スキーマ(どうせ私なんか魅力ないし~)から、自動思考(ふられてしまう)という認知の歪みが起こり、行動、感情(気持ち)、身体反応に影響がでてしまうのです。特徴的な自動思考パターンを修正できれば、症状を大幅の軽減できるという(Clatk DA,Beck AT et al.,1999)。
 認知行動療法では、自動思考により気持ちが大きく動揺したりつらくなったりした時にクライエントの頭に浮かんでいた考えに着目し、それがどの程度、現実と食い違っているかを検証し、思考のバランスをとっていきます。それによって問題解決を助けていくのですが、こうした作業が効果を上げるためには、面接場面はもちろん、ホームワークを用いて日常生活のなかで行うことが不可欠です。
(3) 認知行動療法の適応の拡大
 認知療法・認知行動療法は、うつ病や不安障害(パニック障害、社交不安障害、心的外傷後ストレス障害、強迫性障害など)、不眠症、摂食障害などに効果があることが実証されて広く使われるようになってきました。
 本章では、学校教育で役に立つ認知行動療法で、ネット依存へのワークシートを紹介します。

3.カウンセリングの流れ

 ウォルターとレノックス(Walter & Lenox,1994)は、カウンセリングにおける関係づくり、アセスメント、目標設定、援助的介入、終結決定という活動を、連続する直線上に段階的に位置づけるのではなく、それらの活動が援助の時間的な流れの中で同時に起きており、その相対的な重要度が変化するとしています。
 石隈(1999)によると、「初期」において教師やカウンセラーは子供との関係を作りながら、アセスメントを行う。続いて、アセスメントを行いながら援助目標を立て、援助的介入をゆっくりと初めて行く。終結決定が初期にもあるのは、子供とたまたま関わった援助者が、子供のニーズに応えられないと判断したとき、他の援助者に依頼することもあるからである。
 「中期」になると、信頼関係を維持しながら、介入を続けていく。ここでも介入をしながらアセスメントは続けていき、必要に応じて目標の修正や終結決定を行う。
 「後期」になると、もう一度アセスメントをていねいに行い、終結の決定を行う。「これで終結してよいか」「どう終結するか」「次の引き継ぎはどうするか」という問いに応える。
 さて、今まではカウンセリングのいくつかの理論と実践を学んできましたが、これらのカウンセリングで共通の技法をまとめたものをマイクロカウンセリングといいます。

4.マイクロカウンセリング

(1) マイクロカウンセリングの概要
 マイクロカウンセリングとは、1990年代にアレン・E・アイビィ(Allen E. Ivey,1985)によって開発されました。アイビィは、いろいろなカウンセリングに関わるうちに、多くのカウンセリングに一貫してみられる共通のパターンがあることに気づきました。そこでは「マイクロ技法の階層表」(福原,アイビィ,2004)にまとめました。マイクロカウンセリングの技法は、クライアントの利益を最優先してカウンセリングを行うという実践的かつ体系的な技法であり、特定の学派・技法にこだわらずに柔軟に方法論を組み合わせるという折衷主義の特徴を持っています。

(2) かかわり技法
 言語レベルの傾聴法です。クライエントの枠組みに沿ったものでなければなりません。かかわり技法には、開かれた質問、閉ざされた質問、はげまし、いいかえ、要約、感情の反映、意味の反映などがあります。
 ➀かかわり行動
  カウンセラーは、クライエントの話を丁寧に「聴く」ことが重要です。本章では、カウンセラーを教師に、クライエントを子供や保護者に読み替えて頂ければと思います。かかわり行動はカウンセリングの基本であり、クライエントとのコミュニケーションの成立に必要不可欠です。
  かかわり行動には、視線の合わせ方、言語的追跡、身体言語、声の質が含まれます。視線の合わせ方とは、クライエント(子供)がこのカウンセラー(教師)が、私の話をしっかり聴こうとしていることがわかることが大切です。目線の合わせ方は、直視がいいとは限りません。性別・年齢・人種によっても異なります。声の質、声の調子、話す早さは、状況によって変化させることが大切です。言語的追跡とは、クライエントの話の主題を変えないことです。身体言語とは、少し前かがみの姿勢と表情、励ましのジェスチャーを示して聴くことです。
 ➁質問技法
  開かれた質問、閉ざされた質問の2つがあります。話の内容を掘り下げたり、聞き手がその内容をより深く理解するための方法のひとつです。
 ・閉ざされた質問(Closed Question)
 「あなたは、ゲームが好きですか?」 
 「あなたは、朝食を食べてきましたか?」
 YESかNO、1語2語で答える質問のため話が続き難いことがあります。年少の子供や発達に課題がある子供には、有効的な質問の場合もあります。
 ・開かれた質問(Open Question)
 「あなたはどんなことで困っているのかな?」   
 「もう少し、詳しく話してくれませんか?」                           
  いろいろな答えが予想され、話を広げていくことができます。質問によって様々な情報(事実、感情、情報、理由)をもたらすことができます。
 ➂ クライエント観察技法
  具体的技法は、視線の合わせ方、体位・席のとり方、声の調子、表情、ジェスチャー、言語的追跡(話題を変えないこと)など、非言語的コミュニケーションも含まれます。
  カウンセリングを成立させるためには、言語・非言語のコミュニケーションで、カウンセンラーとクライエントの間で何が起こっているかを観察することが大切です。例えば、言語のコミュニケーションでは、クライエントはカウンセラーが聴きたいことだけを話していることもあります。非言語のコミュニケーションでは、防衛的な子供は、カバンを手前で抱え背中を丸めて席に座っていることもあります。攻撃的な子供は、足や腕を組み、ふんぞり返る姿勢をとることもあります。教師と子供の関係性は、パーソナルスペース、態度でも表現されます。
 ➃ はげまし
  励ましとは、「頑張って」という意味ではありません。最小限のはげましと言った方がいいかもしれません。はげまし技法では、クライエントに話を続けることを促す非言語と言語によるものがあります。うなづき、手を広げたジェスチャー、「それで」「うんうん」といったフレーズ、クライエントが使うキーワードの繰り返しなどです。カウンセラーがクライエントの話に、ついていこうとすることを示すことです。
 ➄ いいかえ技法
  いいかえ技法では、今、話をしたエッセンスをクライエントにフィードバックします。カウンセラーは、クライエントに言ったことばを、短縮し明確にします。生徒「オレ、学校に行けなくて、辛いです」、先生「○○君は、学校に行けなくて辛いんだね」と生徒に使った言葉で言いかえます。復唱することによってクライエントを支持する技法です。
 ➅ 約技法
  要約技法は、いいかえ技法に似ています。クライエントの話が何度も繰り返させる場合や、話が長くとりとめがなく混乱しているクライアントの話を要約して返してあげることです。カウンセラーというフィルターを通してポイントをずらさないで返すことが重要です。
  事実の要約では、「〇〇さんのし➇て来たことは、・・・なことなんだね」。感情の要約では、「〇〇さんの今の気持ちは、・・・な感じなんだね」と要約することによって、クライアントの考えが整理できていきます。
  要約技法では、何が起こっているかを明確にまとめ、面接に方向付けと一貫性を与えることが大切です。要約はクライエントとカウンセラーが、面接で何が起こっているかについての考えを整理・統合してするのに役立ちます。
 ➆ 感情の反映
  感情の反映とは、相手の感情や情動に気づき、それを相手に伝えることです。これがうまくいけば、相手はもっとも大きな安心を得ることができます。クライエントの感情の世界を正確に感じとることができれば、援助活動において最も基本的である共感を高める効果につながります。
  感情の反映とは、「あなたは・・・と感じているようですね」「あなたは・・・と感じているように聞こえますが。」というようにクライエントの話すことの情緒的な側面に焦点をおきます。感情の反映では、クライエントが自身の感情に気づくのを助ける、クライエントが経験している内的世界を面接者が理解しているということが大切です。
 ➇ 意味の反映
  意味の反映とは、生活体験に隠された真髄、その「意味」「価値」「意図」を明確にするための技法です。クライエントの発言や行動には意味があります。クライエントの感情や思考、行動の背景にある、意味を見出すことを援助していきます。いわば、クライエントが「生きる意味」を言語化していくプロセスを共有するわけです。カウンセラーは、次のように意味を反映していきます。
  「それはあなたにとってどんな意味をもちますか?」
  「それはあなたにとって重要なのですか?」
  生活体験に隠れた個人の意味を見出す役割を果たします。

関連記事